ハワイはバリアフリーな街|聴覚障害者の方に【バリアフリーハワイウェディング】

バリアフリーハワイウェディング バリアフリーハワイウェディング 来店予約
ハワイはバリアフリーな街

> > ハワイはバリアフリーな街

ハワイはバリアフリーな街

訪れる人を幸せな気持ちにしてくれるハワイ。 交通機関やホテルではもちろんアクティビティにいたるまで、街じゅうにバリアフリーが行き届いています。人々の心にも思いやりが根付いており、街中で障害を持った人に誰もが自然に手を貸している様子を目にするはず。 この優しさを育んできたのが古代からハワイに息づくアロハの精神。 アロハの精神が実現する、あたたかい心づかいをご紹介しましょう。

ザ・バス

オアフ島の移動手段といえば「ザ・バス」。多くの観光客にも利用されているホノルル市運営の公共交通機関ですが、このバスには昔から足腰の弱いお年寄りや車いすの人たちが利用しやすい工夫がされています。 バスが停留所に到着するとプシューという音とともにバスの位置が低くなりステップが下の方に来るので、お年寄りでも上がるのが楽に。 車いすの人には運転手がスロープを出し、車いす用のスペースに固定してくれます。この時は多少停車時間が長くなりますが、誰ひとりとして不満を漏らすことはありません。

ホテル

旅の快適さを左右するのがホテル。障害を持った人が宿泊するときに困ることはたくさんありますが、ハワイのほとんどのホテルでは「アクセシビリティ」(誰もが不自由なく使える)の行き届いた特別ルームを用意しています。
有料・無料を含めホテルによって違いますが、貸し出し可能なアイテムには以下のようなものがあります。

・ドアノック表示器(ノックを音で感知して、光で知らせてくれる)
・段差解消スロープ(段差をなくしてベランダなどへの行き来が楽にできる)
・プール用リフト(プールでの移動を楽にしてくれるリフト)
・電話用拡張器(聴覚障害を持った人にも安心な、拡声器の付いた電話)
・タイプ式電話(タイプすることで会話できる電話で、ライトで着信を知らせてくれる)

アクティビティ

ハワイの複数の人気ビーチでは無料でビーチ用車いすの貸し出しをしていて、これはホノルル市によるプログラムなのだとか。ほかにも、車いすや障害を持った人たちも参加できるアクティビティやアトラクションがハワイには豊富にそろっています。リフト付き送迎バス、スロープ付きアクセス、車いすのままでのショー観覧など、工夫はあらゆるところに。
以下は有名アクティビティの対応の一例です。

◇ワイメア・フォールズ・パーク:ツアーに使われるトラムにはスロープが付いていて、車いすで乗ることができます。
◇ハナウマ湾:長く急なスロープがありますが、車いすで乗れるシャトルを利用すれば問題なし。更衣室やトイレも車いす対応。ビーチ用車いすの無料貸し出しもしています。
◇ナバテック・ランチ・クルーズ:揺れの少ない双胴船へはスロープを使って容易に乗船できますが、トイレは車いす不可。
◇ザ・マジック・オブ・ポリネシア・ディナーショー:入口から座席まで段差なし。
◇ポリネシアン・カルチャー・センター:壮大なナイトショーをはじめとする、ほぼすべてのアクティビティへの参加が可能です。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。

PageTop